利用規約

株式会社ディスカバリー(以下「甲」といいます)は、甲が運営するディスカバリーメールの募集サイト(以下「本サイト」といいます)を通じて、メール配信 システムの運営とメルマガ発行支援のサービス(以下「本サービス」といいます)を提供し、本サービスへの申込者(以下「乙」といいます)は本規約の内容に 同意したうえで、本サービスを利用するものとします。


第1条(本サービスの目的)
本サービスは、乙の事業用のメルマガ発行を支援するために、甲が電子メール配信システムを運営し、かつメルマガ発行支援のサービスも有償で継続的に提供す るものです。これらのサービスを「ディスカバリーメール」と称します。



第2条(本規約の適用)
1.本規約は、甲と乙間での一切の本サービスのご利用に関して適用されるものとします。

2.本規約は、甲が運営する本サイト(http://discoverymail.jp)の申込フォームに乙が必要事項を記入し、乙が注 文確定ボタンをクリックしたときから適用されるものとします。もしくは、乙が甲の提供するサービスにつき、有料承諾の意思表示をしたときに適用されるもの とします。

3.甲は、本規約を随時変更することができ、その場合には乙の利用条件その他本規約の内容は、変更後の規約を適用するものとします。

4.甲は、前項の変更を行う場合、原則として3日以上の予告期間をおいて、変更後の契約の内容を本サイトに掲載もしくは電子メールによる通知を行うものと します。但し、急を要しまたは既存の乙の利用条件の不利益な変更を伴わないと判断したときは、この限りではありません。

5.甲が前項の方法により本規約の変更について掲載もしくは通知した日以後に、乙が本サービスの機能もしくは役務を利用したときに、乙は変更後の規約の内 容に同意したものとみなします。



第3条(通知方法)
1.甲から乙に対する通知は、本サービスの申込時に登録した乙の電子メールアドレス宛に、電子メールを送信する方法により行います。

2.本契約に関する重要事項の変更通知についても、電子メールによって通知を行うものとします。


3.甲が乙に対して前項記載の方法により通知した場合において、甲からの通知が乙に到達しなかったとしても、当該不到達に起因して発生した損害について、 甲は一切責任を負わないものとします。



第4条(申込方法)
1.本サービスの利用申込者は、本規約の内容を承諾の上、本サイトの申込フォームもしくは甲が定める書類に必要事項を記入し、甲に送信もしくは提出するこ とで、本サービス利用のための申込を行うものとします。

2.乙が前項の申込を行い、甲により承認を受け、乙が甲に対し料金の支払いをしたときに本サービスの契約が成立し、契約が開始するものとします。甲は、乙 より申込の通知を受けたときは、原則として甲の3営業日以内に該当申込の承認を受けるか拒絶するかの通知を行うものとします。



第5条(申込の拒絶)
1.甲は、次のいずれかの事由に該当すると判断した場合には、本サービスの利用の申込を承諾しないことがあります。
(1) 申込の際に虚偽の申告をされたことが判明したとき(申告された住所、メールアドレス等宛に甲から送信した郵便物、電子メール等が、宛先該当なし等のために 届かなかったときを含む)。

(2)申込者について、破産、民事再生、会社更生、会社整理、特別清算、特定調停の申立があったとき、もしくは解散の決議があったとき、またはこれらが予 測されるとき、あるいは申込者が本規約に基づく料金等支払のための決済手段として申告した甲指定決済手段の利用を認められないとき、その他、本契約に基づ く料金等の支払を怠るおそれがあるとき。

(3)申込者が甲の営業妨害をし、もしくはそのおそれがあるとき。

(4)申込者について、本規約に違反する事由に該当することが想定されるとき、あるいは本規約を遵守しないことが予測されるとき。

(5)前各号のほか、甲の業務遂行に支障のあるおそれがあるとき、その他、甲が不適当と判断したとき。

2.甲は、乙の申込に関して事実確認等のための資料の提出をお願いすることがあります。

3.第1項規定の事由のいずれかに該当することが判明した場合は、甲が乙に対し申込承認の通知を発信後であっても、甲は何らの通知、催告をすることなく、 本契約を拒絶できるものとします。



第6条(サービス内容)
1.甲が運営する電子メール配信システムのサービス内容については、次の各号に定めるとおりとします。

(1)メルマガアフィリエイトのノウハウをまとめたマニュアルの「アフィリエイトディスカバリー」の提供。(マニュアル部分のみに限定して提供)。

(2)メルマガアフィリエイトの最新情報を継続的に発信する「購入者通信」を提供。

(3)利用者が個別のサーバーからメールを配信できる「専用サーバー配信」を提供。

(4)メルマガ読者への同時一斉配信を防ぐ「配信スピード調整機能」を提供。

(5)メルマガ読者の属性をワンクリックで分岐処理できる「クリック分岐機能」を提供。

(6)存在しないメールアドレスや不審な名称の登録を予防する「登録禁止ワード機能」を提供。

(7)不正なメルマガ登録を予防するための「ダブルオプトイン機能」の提供。

(8)URLへのジャンプの時間制限を可能とする「期限付きURL作成機能」の提供。

(9)発行するメルマガの読者にランダムで当たりを表示する「くじ引き機能」の提供。

(10)時間帯によって表示する本文の内容を差し替えることができる機能の提供。

(11)サンクスページ等にメルマガ読者の氏名を表示する機能。

(12)閲覧回数を限定するページ生成を可能とする「閲覧回数制限機能」の提供。

(13)閲覧時間を限定するページ生成を可能とする「閲覧期間制限機能」の提供。

(14)一度閉じたら二度と開かないページを生成可能とする「ワンタイムオファーページ機能」の提供。

(15)メルマガ本文中に記載したURLのクリック属性を分析する「高性能クリック解析機能」の提供。

(16)メルマガ読者のリストの「バックアップ機能」の提供。

(17)他のメルマガ配信システムから抽出したCSVデータを移行できる「一括登録機能」の提供。


2.甲は、本サービスの購入特典として次の各号に定めるサービスの提供をします。

(1)自己アフィリエイト案件抽出ツールの「ゴールドラッシュ」。

(2)本サービスの使用方法を解説する動画。

(3)本サービスのサポート・フォーラム

(4)「30日で5万円を稼ぐ基礎を身につけるノウハウ」について、甲がメルマガ配信。

(5)「アフィリエイトディスカバリー」の報酬につき、通常は60%のところ本契約期間中は80%で対応。

3.本条に挙げたサービス内容と購入特典の内容は、2013年11月のサービス開始時期に提供するものあり、インターネットの技術革新によってこれらの提供内容を 変更していく可能性があります。各サービスおよび購入特典の詳細については、本サイトの該当ページに記載された内容を優先して適用するものとしま す。



第7条(本サービスの利用手順)
本サービスの利用手順は次の通りとします。
(1)乙による申込フォームの送信をして頂きます。
(2)乙により、本規約にて定める方法で料金の支払いをして頂きます。
(3)甲より乙に対して、本サービスの承諾もしくは拒絶の通知を行います。なお、甲が本サービスの拒絶をするときは、先に乙より入金されていた場合は返金 処理を行います。
(4)甲より乙に対して、本サービスの利用方法などを解説したマニュアルおよび購入特典などを送信します。
(5)乙は、マニュアルに基づいて、契約期間中は継続的に本サービスを利用し、乙の事業用メルマガを配信することができます。
(6)甲は、契約期間中は乙からの電子メールによる質問に回答するユーザーサポートを提供します。
(7)甲は乙に対し、契約期間中はメルマガアフィリエイトの最新情報を提供する「購入者通信」を不定期に配信します。



第8条(商材の納品)
1.本サービスの利用方法などを解説したマニュアルおよび購入特典(以下、商材といいます)については、甲が送信する電子メールへの電子データの添付もし くは甲の指定するWEBサーバーから電子データを乙がダウンロードする形式にて提供します。ただし、電子データで提供できない商材については、甲が乙に対 し、郵便にて配送手配をすることがあります。
2.電子データの商材は、前項の方法により甲が送信手配をした日をもって引渡しが完了したものとします。郵便にて発送する商材については、乙の住所に郵便 物の配送がされた日をもって引渡しが完了したものとします。



第9条(本サービスの稼働日と甲の営業日)
1.本サービスは一日24時間および1年365日を通じて稼動するものとします。
2.甲は土曜日および日曜日および祝日を本サービスの休業日とします。この休業日以外の日を営業日とします。尚、甲は業務都合により臨時休業日を設けるこ とがあり、その場合は本サイトに臨時休業日の案内を記載するものとします。
3.甲の営業時間は、営業日の午前10時から午後7時までとします。電子メールについては、営業時間外でも受付はしますが、返信については翌営業日以降の 対応となります。



第10条(契約期間)
本サービスの契約期間は、契約開始日より乙が料金の前払いをした月度の終了日までとします。契約は乙が更新料金支払いをした場合には自動延長となります。 それ以降についても同様とします。



第11条(料金)

1.本サービスの契約には、乙は甲に対し、初期費用と月度費用の支払いが必要となります。初期費用は契約開始時に一度だけ必要な料金であり、月度費用は毎月支払い が必要な料金となります。初期費用と月度費用の料金は、次の通りとします。
(1)初期費用 20,000円
(2)月度費用 5,000円
   ※月度費用には割引制度があります。


2.本サービスの料金およびその支払い方法は以下の通りとします。
(1)クレジットカード(Paypal)による毎月支払い
  クレジットカード(Paypal)を利用して初期費用の20,000円と3ヶ月分費用の
15,000円をお支払いして頂きます。4ヶ月目以降の月度費用はPaypalにて決済手続をして下さい。
(2)クレジットカード(Paypal)による1年間のまとめ払い
クレジットカード(Paypal)を利用して初期費用の20,000円と月度費用の1年分の50,000円をお支払いして頂きます。(2か月分の10, 000円を値引きします)。2年目以降の月度費用はPaypalにて決済手続をして下さい。
(3)銀行振込による6ヶ月間のまとめ払い
  初期費用の20,000円と月度費用の30,000円(6ヶ月分)を甲指定の銀行口座に振り込み送金にて支払いして頂きます。銀行振込手数料は乙の負担 となります。6ヶ月目以降は月度費用の30,000円(6ヶ月分)を同様に銀行振込にてお支払い下さい。
(4)銀行振込による1年間のまとめ払い
  初期費用の20,000円と月度費用の50,000円(1年分。2か月分の10,000円を値引きします)を甲指定の銀行口座に振り込み送金にて支払い して頂きます。銀行振込手数料は乙の負担となります。1年目以降は月度費用の50,000円(1年分)を同様に銀行振込にてお支払い下さい。


3.契約開始日の日付が何日であっても、契約初月の料金(月額費用)は5,000円となります。


4.支払い方法でクレジットカード(Paypal)を選択される場合は、乙はPaypalの利用規則にも同意して手続を行うものとします。



5.乙が、甲の指定した支払方法以外で入金をした場合、また、その他乙の責めに帰すべき要因により乙に生じた損害に関して、甲は一切の責任を負わないもの とします。



第12条(延滞料)
乙が甲に対する支払を遅滞した場合、年14.5%の割合で未払いの残高に対して延滞料を賦課して請求するものとします。



第13条(身分証明証)
甲は乙に対し、身分証明証などの提示は原則として求めません。ただし、甲が契約の遂行上で必要と認めるときは、事後に提示を求めることがあります。



第14条(第三者の著作権)
乙が発行するメルマガについて、他に著作権者などの権利者が存するものに関しては、自己の費用と責任において、その利用について当該権利者の許諾を得るも のとします。
万一、乙が発行したメルマガに関し第三者より知的財産権の侵害を理由とする損害賠償その他の請求があったときは、乙の責によりその紛争を解決するものとし ます。



第15条(著作権の帰属)
1.甲が提供する本サービスおよび商材の著作権(著作権法第21条から第28条に定める全ての権利を含む)については甲に帰属するものであり、乙は複製や 配布など甲の著作権を侵害する行為をしてはなりません。
2.乙は、本サービスおよび商材を適正に利用する範囲において、甲の著作物の利用が許諾されます。



第16条(権利の質入および譲渡など)
1.乙は、本契約において保有する権利および義務の全部または一部を、甲の書面による事前の承諾なく第三者に譲渡および質入することはできません。
2.甲が発行した本サービスについてのアカウントおよびパスワードの第三者への貸し出しを禁止とします。 甲が発行したアカウントおよびパスワードの管理は乙が一切の責任を負うものとし、甲は、第三者のアカウントおよびパスワードの不正使用等によリ乙に生じた すべての損害についての責任を負わないものとします。



第17条(解約)
1.乙は本契約をいつでも解約することができます。解約に違約金が発生することはありません。ただし、前払いされた料金については、契約期間の満了以前に 解約し契約の残存期間があったとしても、その差額分を返金することはしません。
2.乙が前払いした月度費用分の契約期間が満了し、更新の月度費用の支払いをしなかったときは、契約期間の満了日をもって本契約は終了し、乙については本 サービスの利用が全て停止されます。



第18条(瑕疵担保責任)
1.甲は本契約期間中において、乙からの質問については誠意をもって対応し、電子メールにより確実に回答を行うものとします。
2.甲は納品する商材に対して、ウィルスや不正アクセスについての一般的なセキュリティ対策を行います。ただし、乙の利用端末がウィルス感染していた場合 や、セキュリティ対策を無効化するプログラム等により予見できない損害が生じたときは、甲は責任を負いません。



第19条(責任の制限)
1.甲は本サービスの提供にあたり、乙のメルマガ配信を円滑に行えるように支援をしますが、乙のメルマガの登録数・閲覧数・お問合せ数・売上などの成果を 保証するものではありません。
2.本サービスでは、甲は、乙のメルマガ配信により生じた問題については一切関与しません。また、本サービスにつき、乙および第三者に損害が生じることが あった場合にも、甲に故意もしくは重過失がある場合を除き、甲は一切の責任を負わないものとします。



第20条(禁止事項)


1.乙は、本サービスの利用に関し、適用される全ての法規(日本法に限らず、関係する諸外国の法規も含みます。)を遵守するとともに、適切な利用に関する 一般に公正と認められる規則を遵守して頂かなければなりません。そこで、以下の行為を禁止とします。
(1)他者(甲を含みます。以下この項において同じ。)の著作権、著作者人格権、商標権等の知的財産権、肖像権、プライバシーその他の権利、利益、財産を 侵害する行為、またはそれらを侵害するおそれのある行為。
(2)第三者に対し有償、無償に関らず、本サービスの再販と思われる行為。
(3)第三者に対し乙の地位の譲渡、名義変更、貸与、担保設定等を行い、または第三者に再利用させる行為。
(4)ウィルス、スパイウェア等の有害なコンピュータプログラム等を送信する行為や不正アクセス行為。
(5)他者になりすまして本サービスを利用する行為。
(6)乙の利用に疑義が生じ、甲が乙に対し問合せをした際に、乙が返答をしないとき。もしくは乙と連絡がとれない状態が5日以上継続するとき。
(7)アダルト、出会い系、ギャンブルに関連するメールを配信する行為。
(8)メルマガ読者から当該メールの配信中止を要求された後も送信を継続し続ける行為。
(9)いわゆるスパムメールもしくは迷惑メールとされる不特定多数人に対し、受信者の承諾なく広告などのメールを送信する行為またはそれに類似した行為。
(10)受信者の承諾を得ず、第三者から入手したメールアドレスに対してメールを送信する行為。ただし、甲が事前に確認をした場合は除外。
(11)配信するメルマガに、配信解除を行うためのURLを記載しないで配信を行う行為。(読者にメール返信などで解除依頼を行わせる行為)。
(12)その他、甲が不適当と認める行為。


2.乙が前項に定める禁止事項に抵触し、第三者に損害が生じ、第三者より損害賠償もしくはその他請求があったときは、甲は一切の責任を負わず、乙の責で該 当紛争を解決するものとします。



第21条(サービスの中断)
1.甲は以下のいずれかに該当する場合、本サービスの提供を中断することができるものとします。
(1)設備の保守上または工事により止むを得ない場合。
(2)設備に止むを得ない障害が発生した場合。
(3)第一種通信事業者が電気通信サービスの提供を中止することにより、本サービスの提供ができなくなる場合。
(4)予期しない障害が発生し、本サービスの提供ができなくなる場合。


2.甲は前項による中断が生じる場合には、事前に乙に通知するものとします。但し、緊急の中断の場合にはこの限りではありません。

3.第1項により本サービスの中断となった場合でも、乙は甲に対する当該期間中の料金の支払い義務を負います。

4.第1項により本サービスが中断となった場合には、本事由によるサービス中断により乙および第三者に損害が生じたとしても、甲は責任を負うものではあり ません。



第22条(機密保持)
1.甲および乙は、本サービスを通じて知りえた相手方の営業機密に関する情報を、善良なる管理者の注意をもって管理・保持するものとします。

2.本条項における営業機密情報とは、相手方に対し電子メールにより機密情報と指定して通知した情報をいう。但し、以下の各号に該当する場合にはその限り ではない。
(1)相手方より開示を受ける前より既に保有していた情報
(2)正当な手段により、第三者から受けた情報
(3)公に公表されており、一般に入手可能な情報
(4)開示者が事前に電子メールにより公表を承認した情報

3.本営業機密保持義務については、本契約終了後も5年間は有効に継続するものとします。



第23条(契約違反)
甲または乙が本契約に違反した場合には期限の利益を失い、相手方は違反者に対し催告の上、直ちに本契約を解除することができるものとします。



第24条(損害賠償)
1.乙が、本契約に違反をして重大な問題を引き起こした場合は、甲は乙に対し、損害に応じた費用を請求することができるものとします。

2.甲の故意もしくは重過失により乙に損害が生じた場合には、乙が支払いをした本サービスの料金の金額を上限として、乙は甲に対し、損害に応じた費用を請 求することができるものとします。



第25条(即時解除)
甲または乙は、下記の各号の場合に相手方の請求を受けたときは、支払期限前といえども直ちに債務の全額を一時に支払わなくてはならないものとします。
(1)甲または乙が支払い債務その他一切の債務または本契約以外の契約上の債務につき支払い義務を怠ったとき。
(2)甲または乙が差押、仮差押、仮処分、公売処分、租税滞納処分、その他公権力の処分を受け、または整理、会社更生手続きの開始、破産もしくは競売を申 し立てられ、または自ら、整理和議、会社更生手続きの開始もしくは破産申し立てをしたとき。
(3)甲または乙が監督官庁より営業停止もしくは営業免許もしくは営業登録の取消の処分を受けたとき。
(4)甲または乙が資本減少、営業の廃止もしくは変更、または解散の決議をしたとき。
(5)甲または乙が自ら振出もしくは引き受けた手形もしくは小切手につき不渡り処分を受ける等支払停止状態に至ったとき。
(6)甲または乙が本契約の条項に違反したとき。
(7)その他甲または乙の財産状況が悪化し、またはそのおそれがあると認められる相当の事由があるとき。



第26条(専属的合意管轄裁判所)
甲および乙は、本契約に関する紛争については、東京都港区を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。



第27条(不可抗力)
1.インターネット基盤のトラブル・天変地異・戦争・暴動・内乱・法令の改廃制定・公権力による命令処分・同盟罷業その他の争議行為により契約の全部もし くは一部の履行の遅延または引渡しの不能を生じた場合には、甲または乙はその責に任じないものとします。この場合引き渡し不能となった部分については消滅 するものとします。

2.前項の事態が発生したときは、被害に遭った当事者は、相手方に直ちに不可抗力の発生の旨を伝え、予想される継続期間を通知しなければならなりません。

3.不可抗力が90日以上継続した場合は、甲または乙は、相手方に対する電子メールもしくは書面による通知にて本契約を解除することができます。



第28条(協議)
本契約に定めのない事項および本契約の規定の解釈について疑義が生じた場合には、甲と乙は、民法その他の法令および慣行に従い、誠意をもって協議し、解決 するものとする。


(附則)本規約は2013年11月15日に定めた規約であり、2013年11月17日から適用されます。

このページの先頭へ