http://ez.stepoffer.com/jsoff.phpをご覧ください。 [an error occurred while processing this directive]
メルマガが届かない理由

あなたのメルマガが迷惑メールに到達する原因があります。その前に、知っておいていただきたい”迷惑メールに到達するメカニズム”についてお話します。

あなたのメルマガで商品が売れない理由

スパムメールに入る理由

あなたのメールマガジンを受け取る読者さんのメールソフト・プロバイダメールには、

スパムフィルタ

という機能が備わっています。

スパムフィルタとは、あなたのメルマガを『コレは迷惑メールではないのか?』と判断する機能の事です。

もしこのフィルタに引っかかってしまった場合、あなたのメルマガは迷惑メールフォルダ行きです。

あなたに置き換えて考えて欲しいのですが、あなたは「迷惑メールフォルダをわざわざ見るでしょうか??」見ないですよね?

もしかしたら、あなたの読者さんはあなたのメルマガが届くのを心待ちにしているかもしれません。

「~さんのメルマガ、まだ届かないんだろうか・・・」
「無料レポートがとても良かったから、メルマガを見てみたいなあ・・・」
「~さんから商品を買いたいなあ・・・・」

そう思っている読者さんがいるかもしれないのに、迷惑メールフォルダに入っていたらあなたのメルマガに気がつかないのです。
メルマガに気がつかないという事はもはや、あなたのメルマガは存在していないも同じなんです!


メルマガ・スパムフィルタどんなに一生懸命メルマガを配信しても
どんなにいい内容の記事を配信しても
どんなにあなたのメルマガ読者が増えたとしても
渾身のオファーをメルマガで配信しても
大物との音声・動画対談をメルマガで配信しても
興味を引くメルマガのタイトルを考えたとしても

あなたのメルマガは誰にも気付かれず、迷惑メールの海の中へと埋もれて行きます。そのような状態で、あなたのメルマガ内のURLがクリックされるはずもないし、問い合せされるはずもないし、ましてや商品が売れる事は絶対にあり得ません。お分かりになりましたでしょうか?

メルマガが届かない原因

メルマガがスパムフィルタに引っかかる7つの要因

メルマガが迷惑メールに引っかかる7つの要因
メルマガが迷惑メールに入る7つの要因

メルマガがスパムフィルタに引っかかる7つの要因


共有サーバーだから届かない

共有サーバーは届かない共有サーバーという言葉をご存知でしょうか?

安いメルマガ配信システムをお使いの方は、そのほとんどがこの共有サーバーを利用してメルマガ配信を行っています。共有サーバーを利用してメルマガ配信を行った場合、複数の人が同じサーバーを利用してメルマガ配信を行っております。

しかし、もし同じサーバーを使っている人の中に、スパムメール配信者がいた場合・・・・
同じサーバーから配信されているあなたのメルマガも、スパムメールであると判定されてしまうのです!

ルームシェアを思い浮かべて下さい。
いくらあなたが真っ当に生活していたとしても、同居人が周辺に迷惑をかければあなたまで同じ目で見られてしまいます。原理はそれと全く同じです。

例えば以下のような状況でメルマガを配信している方は、共有サーバーでメルマガを配信しております。

1台のサーバーから多数のユーザーが多数のメールを送れるエックスサーバーなどの共有レンタルサーバーに、acmailerや楽メール等のサーバー設置型メルマガ配信システムを入れて、メルマガを配信している

1台のサーバーから多数のユーザーが多数のメールを送れるサーバーである、共有サーバーを利用したメルマガ配信システムを使っている

試しに、あなた自身が使っているメルマガ配信システムのホームページや、もしくはメルマガを設置したレンタルサーバーのホームページをご覧になって下さい。

ホームページ内に、”共有サーバーを使用しています”と書かれていませんか?もし書かれていたのであれば、それはメルマガが届きにくい共有サーバーを使ったメルマガ配信システムという事になります。

あなたがいくら真っ当なメルマガを配信していても、同じサーバーにスパムメール配信者がいるばっかりに、あなたのメルマガまでスパム扱いされてしまう。これは大きな機会損失だと思いませんか?

それを防ぐために、専用サーバーといって、自分専用のサーバーを持つ事で周囲の影響を受けず配信する事が出来るのですが・・・・専用サーバーを使ったメルマガ配信システムは非常に高額です。そのため、多くの人が手を出したくても出せないんです。

一斉配信はスパムフィルターに引っかかる

一斉配信はスパムに引っかかりやすい大半のメルマガ配信システムは、読者全員に対して一斉にメルマガを配信する仕組みとなっております。例えば、22時にメルマガを配信予約したとすると、全てのメルマガ読者に対して、22時にメルマガが配信されます。


一見当たり前のように思えるメルマガ配信方法なのですが・・・
しかしこの配信方法には、実は大きな落とし穴があります。


届いたメールが迷惑メールかどうか?を判定する『スパムフィルタ』は、一斉に同一内容のメールが配信された事を感知すると、「コレは迷惑メールかもしれない」と考えます。

一般的に考えて、普通のメールはそのような大量の人に一斉配信する事はないですよね?
だからこそスパムフィルタは、「コレは迷惑メールかもしれない」と判断します。

また、読者全員に一斉に配信すると、メルマガ配信を行うレンタルサーバーに、非常に高負荷がかかり、正常に動作しなくなる可能性もあります。

レンタルサーバーは一斉配信によって発生する高負荷が原因で不具合が発生する事を非常に嫌い、あなたのメルマガが届かなくなるよう調整します。

レンタルサーバーの正常なサービス運営の観点から考えても、当然の事です。
その結果、迷惑メールフォルダに入ってしまうか、もしくは到達すらしなくなります。

しかし、メルマガ配信システムによってはそもそもメルマガ全読者に対する、同時一斉配信しか出来ないものがほとんどです。あなたがお使いのメルマガ配信システムも、おそらくメルマガ全読者に対する、同時一斉配信を行っています。

この一斉配信が原因でスパムフィルタに引っかかり、あなたのメルマガは迷惑メールフォルダに入ります。

サーバーをコロコロ変える業者はスパム

サーバーをコロコロ変えるスパムA社のメルマガ配信システムをお使いの読者からお聞きした事なのですが…

「A社のメルマガ配信システムが、到達率向上のためにメルマガ配信サーバーをコロコロ変えてくれるのはいいのですが、変更したサーバーでもすぐに迷惑メールフォルダに入るようになります」

との事でした。メルマガ配信サーバーとは、メールマガジンを配信する際に利用するサーバーの事です。イメージとしては、あなたが家から手紙を出すというイメージが分かりやすいかと思います。

配達業者=サーバー、手紙=メール です。通常、家から手紙を送るときは基本的に、あなたの住所を書いて配達業者(サーバー)に送ります。

しかし、同じ住所からたくさん悪い手紙(スパムメール)が送られると、配達業者(サーバー)が、「この住所から配達される手紙(メール)は、悪いヤツのものだ!だから配達を止めないと行けない」と判断され、手紙(メール)が届かなくなってしまいます。

そこで、あるメルマガ配信システムは住所をコロコロ変えて手紙(メール)を配達をします。すると、一時的には違う住所からの手紙だと配達業者(サーバー)は判断し、手紙(メール)が届くようになります。

しかし、普通に考えて同じ人間が短期間の間に、コロコロと住所が変わるのはおかしいと思いませんか?

同じ宛名で、昨日は北海道から、今日は沖縄から。翌日は東京から手紙を送る。こういった不自然な行動を、配達業者(サーバー)は非常に嫌います。

そしてその状態が続くと、「この人の名前で出されている手紙は、住所に関わらず全てスパムである」と配達業者(サーバー)が判断し、あなたの手紙(メール)は何をやっても届かなくなってしまうのです。

このように、配信サーバーを変更すればメルマガは一時的には正常に届くようになります。しかし所詮一時的な対処であって、根本的な原因を改善しない限りまたメルマガが届かなくなってしまうどころか、最悪の場合はあなたの名前を文章中やタイトルに入れたメルマガが全て届かなくなってしまうのです。

そして、迷惑メールフォルダに入り始めた時に配信サーバーをコロコロ変えるといった処置しかできない会社は、「配信サーバーをコロコロ変える事で、逆にスパムメールになりやすい」事に気がついていない場合がほとんどです。

そのようなリスクすらも分かっていない会社のメルマガ配信システムで、安心して配信できるでしょうか?

属性分け

属性が異なると配信拒否されるメルマガに登録している読者さんには、色んな属性の人がいます。例えば、あなたのメルマガが『ダイエット』に関連する
メールマガジンだったとします。すると、

メルマガに登録している読者さんには、色んな属性の人がいます。

ダイエットに興味がある方
美容に興味がある方
健康に興味がある方
筋力増強に興味がある方
化粧に興味がある方

等…

そういった、属性違いの方達に対して「こういう栄養素を取れば肌が綺麗になるんですよ!」というメルマガを配信した場合、美容に興味を持っている人は見ますが、ダイエット等の、他属性の人にとっては全く興味のない情報です。

そういった、属性違いの興味のないメルマガが届き続けると、他の属性の読者さんはあなたのメルマガが嫌になり、配信停止もしくは、配信拒否を行います。

いくらシステム上届きやすくなったとしても、読者さんに拒否されてしまったら何の意味もありません。

さらに、拒否される状態が続いてしまうとスパムフィルタに引っかかり「このメールは迷惑メールだ」と判断されてしまいます。

この問題は、あなたのメルマガに興味がある属性と、あなたのメルマガに興味がない属性にわけ、興味のない人には配信しないようにすれば解決します。

しかし、手動で属性分けをするには読者さんに色々ヒアリングやアンケート等をとらなければならず、出来たとしても手動で属性分けをして行くのは大変な手間です。

いたずら登録機能防止

いたずら登録防止機能がないからあなたのメルマガに登録する際、登録名を『ああああ』にしたり、登録メールアドレスが『baka@aho.co.jp』 のような存在しないメールアドレスの登録があると、配信的にも非常に不利になります。

こうしたいたずら登録により存在しないメールアドレスに送信が繰り返されてしまった場合、このまま放置していると、どんどん到達率が落ちてしまいます。

例えるならば、存在しない住所に郵便物を送り続けるような物です。
当然、配達業者は迷惑するため、あなたからの郵便物を配達するのを拒否し始めます。

しかし、残念ながらほとんどのメルマガ配信システムでは、こういった登録を防ぐ術がありませんので、常に手動で見ながら自己防衛しなければなりません。しかし、これは大変な手間です。

メルマガ配信システム

メルマガを面白くするための機能当然ながら、「あなたのメルマガは面白くない!」と判断されたらあなたのメルマガは「迷惑だ!」と判断され、今後見られる事はありません。
”面白いメルマガ”というのは、単に文章が面白い!という事だけではありません。
面白いメルマガというのは、思わず見たくなる様々な仕掛けがあります。

・期限付きURL機能
(例えば9月30日22時までと設定した場合、時間になると指定URLに飛べなくなる機能)

・くじ引き機能
(ランダムで、当たりくじを表示させるような機能。当たりくじを引いた人には、サプライズのプレゼントをお渡しするとかなり喜ばれます)

・時間によって表示させる本文が変わる機能
(朝は「おはようございます」、昼は「こんにちは」、夜は「こんばんは」等)

・登録後のページ
(サンクスページ)に、相手の名前を表示させる機能。ページを見た方はWEBページに名前が表示される事に驚き、継続して見てくれるようになります。

等です。
こうした仕掛けをしておくと、「おお、この人はいままでのメルマガ配信者とは違うぞ!」と思っていただく事が出来、読者さんの興味を引きます。実際に僕自身、こういった機能を使って読者さんの心をがっちりつかんでいます。

しかし、ほとんどのメルマガ配信システムには、こうしたメルマガを面白くするための工夫が全くありません。まだ初心者で文章がつたない人が、読者さんを引き付ける術が全くないのです。これではいつまでたっても反応がなく、「さらに面白くもないメルマガを送りやがって!迷惑メールだ!」と判断され、ますます届かなくなってしまいます。

これでは、せっかく伸びて行く可能性があるビジネスにもかかわらず売上があがらず、頓挫してしまいます。


いかがでしょう?1つも当てはまっていないのであれば問題ありません。
しかし、一つでも当てはまっているのであれば、あなたのメルマガはどんどん届かなくなって行きます。結果、売り上げはおろか反応すらも得られない状況になってしまいます。





しかしディスカバリーメールは、これら”迷惑メールに到達する7つの理由”クリアする機能を備えているため、高い到達率を維持することが可能となっております。


⇒ ディスカバリーメールが”迷惑メールに到達する7つの理由”をクリアする機能を見る




このページの先頭へ